挨打专业户[áidǎ zhuānyèhù]

aidazhuanyehu 殴られ屋

挨打专业户[áidǎ zhuānyèhù]
▶発音を聞く

[意味] 殴られ屋。相手に殴られることでお金を稼ぐ職業です。

中国で殴られ屋といえば、湖北省出身の谢水平さんです。日本の殴られ屋と違って本人は立ったままで、相手にお腹を好きなように殴らせます。本人曰く、いとこのお爺さんの影響もあって、16歳から内家気功を学び始め、鋼の肉体を手に入れたとのこと。

以前は建築現場で作業員として働いてましたが、社長が突然の失踪。殴られ屋の道へ入るきっかけは、2000年初頭に通りかかったスーパーでやっていたイベントでした。そこで特技のある人を募ってたので、谢水平さんはそれに乗じて「打たれ強さ自慢(自己能挨打)」として参加しました。

そのパフォーマンスがスーパーの社長の目に止まり、スーパーで演じること3ヶ月。1人の芸能ブローカーが彼を見つけ出し、広東省佛山市顺德のバーで、1ステージ100~200元を稼ぐまでになったそうです。今では毎月2~3万元の収入があり、立派なビジネスとして成立しています。ただ、家族はこの仕事に反対していて、妻と2人の娘とは別居中です。出典 百度百科

“铁肚皮”谢水平挨打挑战[“Tiě dùpí” xiè shuǐpíng áidǎ tiǎozhàn] – [CHINA NEWS]

腹部だと殴られても骨折の心配がないし、筋肉+気功?で耐えられるのかもしれません。周囲の心配をよそに、本人はとても生き生きして幸せそうです。

Return to Top ▲Return to Top ▲