EBPocket(Android編)

ebpocket-android

このAndroid編では、iOSバージョンと大きく異る部分のみ取り上げています。その他の部分はiOS編をご覧下さい。

辞書の置き場所を変更する

デフォルトの辞書検索パスは、[/mnt/sdcard/EBPocket]となっています。sdcardとなっているので、外部メモリのSDカードと思ってしまいますが、実際は内蔵メモリ内のsdcardフォルダです。これをSDカード内のEBPocketフォルダに変更します。

設定作業を始める前に、SDカード内にフォルダを作成して下さい。フォルダ名は何でもいいですが、ここではEBPocketにしました。

ebpocket-android001

設定の[辞書検索パス]をタップしてください。[external1]がSDカードです。パンダが指してる[..]を2回タップすると一覧に[external1]があります。あとは、タップして[/external1/EBPocket]を指定して完了です。これで、SDカードに保存した辞書データを利用できます。

ebpocket-android002

EBPocketは、複数の辞書を串刺し検索できるので、とても便利です。Clip2Dicを利用すれば、ブラウザなどでコピーした単語を、EBPocketで調べることが可能になります。

Return to Top ▲Return to Top ▲