MDictでいろんな辞書を活用しよう! 百科事典のオフライン化も。

mdict

MDictとは?

EBPocketと同じような電子辞書閲覧アプリです。メニューは中国語と英語に対応。MDict自体には辞書は付いてませんが、内蔵ブラウザでいくつか辞書をダウンロードできます。発音機能もあり、各言語の発音ファイル(英語・フランス語・ポルトガル語・中国語・日本語)が用意されています。複数辞書の串刺し検索も可能です。

辞書ファイルはmdx形式(ファイル名.mdx)、発音ファイルはmdd形式です。辞書作成ツールもあり、自作が可能です(画像やhtmlに対応)。MDict形式のデータがネット上に沢山あるので、いろいろ探してみてください。

中国語学習者としては、百度百科をオフラインで利用出来て、簡体字と繁体字の切り替えも可能な点が魅力的です。すでに英語を習得してる方にとっては、母語を介さず英語で中国語を学ぶのに便利かと思います。

MDict(iOS編)

App StoreからMDictFreeを入手してインストールしてください。無料版は画面下の方に広告表示があります。

mdict-ios001

MDictはリーダーソフトなので、プリセット辞書がありません。まずは[Library]の[Download]へ移動して下さい。画面右上にある中文をクリックすると、中国語表示に変更できます。辞書は4種類(英英・日英・英タイ・中英)あります。ここでは英中辞書のETDict(size:7M)をダウンロードしてみます。

mdict-ios002

ダウンロードが完了すると、[Library]にETDictが表示されていると思います。早速[Search]へ移動し検索してみましょう。「language」を検索すると、上記の画像のように中国語の説明が表示されます。パンダが指しているアイコンをクリックすると、簡体字と繁体字の切り替えや文字の拡大縮小が出来ます。

広告表示は画面下なので、そんなに邪魔にはなりません。発音機能を利用したい場合は、別途発音ファイルが必要になります。まだ辞書ファイルしかないので、発音マークがグレーになっていて、使えません。

mdict-ios003

[Library]の[Download]には、5カ国語の発音ファイルあります(英語・中国語・フランス語・日本語・ポルトガル語)。今回は、英語発音の基本ファイル(41.8M)をダウンロードします。ファイル名はSound-en.basic.mddです。ダウンロードが完了すると、発音機能が使えるようになります。

mdict_ifunbox

上記はiFunBoxを利用した例です。
ダウンロードした辞書と音声ファイルは、[ MDict Free/Library/Caches ]にあります。ただ、このままだと辞書の複数検索が出来ませんでした。

<解決方法>
全ての辞書ファイルと発音ファイルを、[ MDict Free/Documents ]へ移動することで可能になります。百度百科や自作の辞書などは、こちらのディレクトリへ保存してください。

mdict-ios004

[Setting]で各種設定が出来ます。

Auto lookup clipboard

クリップボード内のテキストを自動で調べる。

Auto popup keyboard

キーボードの自動表示

Auto pronounce

発音の自動再生。

Auto Resize images

画像の自動リサイズ

Shake for random entry

端末をシェイクすると、ランダムに単語が表示されます。

Use popover for in app lookup

mdict-ios005

辞書内で単語をクリックするとポップアップ表示されます。

Adjust dict order by usage

辞書の並びを使用頻度順にする。よく使う辞書がリストの上にきます。

Multi-Dictionary Lookup(複数辞書の検索)

Expand only one entry

(串刺し検索の結果を)一つのエントリー(中身)だけ開いて表示。

mdict-ios006

画像上は全て閉じている状態で、下が開いている状態です。

Default expand all

全てのエントリーを開いた状態で表示する。

他に(正式ではない)実験的機能として、ファイルリーダーがあります(txt,doc,rtf,ppt,html)。

日本人にはあまり馴染みのないMDictですが、とても便利なので使ってみてください。

baike
百度百科は、ウィキペディアみたいなオンライン百科事典です。辞書に載ってない言葉や新語は、ここで探せばたいがい見つけることができます。中国語学習者にとって非常に便...

中国語を勉強している方でしたら、百度百科に一度はアクセスした事があるのではないでしょうか。あの膨大なデータを、スマホやiPhoneに入れといても損はないですよ。


Return to Top ▲Return to Top ▲